規則にストレスの

 

あなたが表現しようと決めた通りの日になるのだ。あなたが雨の日はひどいと考えれば、雨の日に関してはそのような解釈になるだろう。そして、農業を営む人などを除いて、世界じゅうのほとんどの人があなたと同じように考7生きるのが断然ラクになる「現実」とのつき合い方、えることだろう。けれども、真実はどうかと言えば、その日はあるがままの日にすぎない。あなたがひどい天気と解釈しようがしなかろうが、そのことはその日とは何の関係もない。経営者は、会社を利益のあるものにできなければ、〃利益擁護派″であることを公言していたり、〃利益擁護プログラム〃を示したりしていても、関係なくその座を追われる。同様に、暮らし向きがよくなっていない、幸福になっていない、健全になっていないと国民が感じるなら、権力の座にある者は、その姿勢や約束事ではなく、そうした結果に対して責任を問われなければならない。結果を判断する際には、人の生活の向上に役立たないようなものに開されてはならない。コンビニエンスストアでもひどいところは、コピ機に故障中という貼り紙がしてあり、「これは使えないんですか」と念のために聞くと、店員が、「さあ」と答える。「さあって、あなたはお店の人でしょう」と言うと、「私はパトなもので、よくわかりません」と平気な顔で言われて、その態度にあっけにとられてしまったこともあった。こういうことから、セブンイレブンと他のコンビニエンスストアとの差は、お客様に対する当たり前の対応を徹底しているかどうかの違いから生まれていると私はとらえてい↓今O経営者と話しているときに、私はこんなことを言うことが多い。そうなると、実質が指示、命令であっても、口頭伝達では部下に与えるインパクトが弱い。文書で残しておけば、「聞かなかった」「そんな内容ではなかった」などというレベルでもめ事を起こすことが少なくなります。このことは部下の立場からもいえることで、OKを出しておきながら「そんな覚えはなどなどとトボヶられなくてもすみます。会社には冥議書文書を作る習慣がありますが、そこへ至るプロセスを再現できるような文書も残しておく必要があるのです。「私たちの現在の意識を、長い歴史的展望の中に位置づけています。そもそも、九0年代が終わるということは、二十世紀が終わるということだけでなく、千年紀の終わりでもあります。我は今第二の千年紀を終わろうとしています。私たち西洋人は、自分たちがどこにいて何が起こるかを知るためには、この千年の聞に、何が起きたのか、次に理解しなければなりません「写本は何と一口っすか?と私はたずねた。そしてその軌跡が、手にとるように本から感じられ、彼女の失望、迷い、挫折が自分のもののように感じられるから、だからこそ私たちるいところや、時には打算も働くかもしれない。けれど、それら全てをひっくるめて彼女は、弱い人間である私たちがこの世に対して、また、こんな世の中でもやっぱりまだ生まれてくるH天国に一番ふさわしい者μである子供に対して何ができるのか、身をもって範をしめしてくれているように思えてならない。結党以来、誰もが、経験したことのない事態を前に、党全体が丸ごと、焦燥感に包まれたことだろう。政権奪還。当時の自民党のすべてが、そのことに集中していた。ところで、仮出獄した、「山崎正友」。彼は、前非を強く悔い、更生の道を歩み始めるのか。それとも、二年二ヵ月という〃ムショ暮らし〃は、何の矯正(きようせい)効果ももたらさぬような日だったのだろうか。細川連立政権成立の直後、彼はまた、自身の国会喚問を申請している。僕は台所に行き、ゆっくりと、ティバッグで三人分のミルクティをいれた。「あら圭ちゃん、ありがとう。風邪ひいてるのに何もしないでごめんね」どういたしまして。母は人の家の台所に勝手に踏み込んだりもしないのだ。母と姉は楽しそうに何やらペチャクチャとしゃべっていた。お見舞いに来たんだかなんだか、よくわからなかったが、僕はまだ話をするのもおっくうだったので、二人が勝手にやってくれている方が助かった。